プラシバシーポリシーとコピーライト

プラシバシーポリシーのイメージイラスト web design

プライバシーポリシーは必要?

当初、自分のサイトにプライバシーポリシーはのせていなかったのですが、WordPressの設定にプライバシーポリシーの設定項目があり、調べてみると、個人ブログでも必要なようです。

2017年に個人情報保護法が改正され、「個人情報を取り扱う「すべての事業者」に個人情報保護法が適用される」ことになったのです。

(こちらのハンドブックがわかりやすいです)

「個人情報保護法ハンドブック」
https://www.ppc.go.jp/files/pdf/kojinjouhou_handbook.pdf

  • ・コメント欄がある
  • ・お問い合わせフォームがある
  • ・Google Analyticsを利用している

この時点ですでに個人情報を収集しているわけで、個人情報への向き合い方も表明しないといけないですね。

サイトごとに使う情報も違うし、それをどのように扱いたいか、扱うかもそれぞれに違うはずなので、自分で一から作るのが理想的ではあるのですが、正直、面倒です・・・

 

そこで、こちらの記事のテンプレートを使わせていただきました。

WordPressのプライバシーポリシーの雛形(ひな形)【コピペで簡単】
サイト・ブログ用のプライバシーポリシーの雛形(ひな形)です。穴埋めで完成させられます。コピペして使ってください。サイト運営者の注意すべき点もお伝えしているので参考にしてみて下さい。

どこからコピペしたんだろうというテンプレートが多い中で、こちらの記事はきちんと伝えるべき内容を考え、伝わるように伝えようとしていて、すばらしいです。

こちらをもとに、自分に合うよう、書き換えていきます。ちょっと面倒だけど、がんばりましょう!

コピーライトはどうやって書く?

実はコピーライトは不要

さてここで、コピーライト(著作権保護)について確認してみました。

年号と©マークと何が必要?Copyright(コピーライト)表記の正しい書き方 | 東京上野のWeb制作会社LIG
サイトをデザインするときに当たり前に入れている「Copyright」の記述ですが、サイトによって年号があったりなかったり、長かったり短かったり、書き方はさまざま。ふと「正しい書き方ってどれなんだろう?」と思って調べてみたら、いろいろと誤解していたことがわかったので、まとめてみました。

なんと、

そもそもコピーライトの記述は不要!

著作物は日本の法律でちゃんと守られるので、コピーライトの記述はあってもなくても、勝手に人のものをコピーしたら違法なんです。
“書かなくても良い”と言うより、法律から見れば書いていても意味はないんです。

ううむ・・・
でも、あったほうが抑止力にもなるし、格好もつくので、やっぱりつけておきたいです。

でもやっぱり書きたい人のための、正しいコピーライトの書き方

では、どうやって書くかというと、こちらもびっくり。

  • 「Cpyright」はいらない
  • 書くべき年号は発行年
  • 「All rights reserved」はいらない

!!

「All rights reserved」は、日本が加入していない条約での決まりごととのこと(しかも、現在ではその条約加盟国でも不必要)。

詳しくはこちら↓

著作権表示 - Wikipedia

「All rights reserved」が入ってないとなんか格好つかない気がするのですが、ここは思い切ってはずしましょう。

年号は、むしろ古い年号が書いてあると「このサイト更新してないな〜」などと思っていました。
そんな誤解をしている人は私だけではない気がするので、発行年だけでよいとはいえ「2017-2018」と、新しい年号も入れておきました。

というわけで、
本サイトのコピーライトは © 2017-2018 Jaco Ozawa としました。

ちなみに、当サイトはブログのみWordpressで書いています。現在使用中の「Cocoon」というテーマでは、デフォルトで © 2017 JACOBLOG. という正しい書き方で入っていて、しかも他の書き方も選択できるという、なんとも丁寧な作りになっていました!

Cocoonフッター設定におけるクレジットの選択肢

コメント

  1. おざわじゃこさん

    ブログチップス管理人の古川です。
    記事紹介していただきありがとうございます!
    参考にしていただけたのならうれしいです。